上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.06.08 Colonial Fair



IMG_3480[1]




Colonial Fairってなに?

なに、なに?


初めてワードが登場。
お口ポカ~~~ンですよ。

子供達に聞いてももちろんポカ~~~ン。


Colony・・・・・・植民地って意味。

植民地フェア????

余計に分からなくなったジョ…

とにかく9時からやってるというから、行ってみよ!



行ってびっくり。
なになに、ちょーーーーーーー楽しいですけど!!!!!!
















IMG_3432[1]
目の前に広がるのは……




IMG_3449[1]





IMG_3463[1]


植民地時代の恰好に仮装した人たち!




Colonial Fair

5年生主催のイベントらしく、植民地時代の人々の生活様式を学んだり、当時流行していたゲームをしたり、雑貨、食べ物を販売したりする、というそういうフェアみたい。



ホントみんな気合入っててすごーーーーーーい。


IMG_3487 6-7-2012

先生たち、そして主催者である5年生が仮装しているのはもちろんだけど、他の学年の子たちもばっちり仮装してる!

女子たちはいかにもっていう柄のロングドレスに白のエプロン。頭にはボンネットを被り。
男子は Patriot boy といって、まさにこんな格好↓をした子で溢れかえっていた。

patriot boy





もしくはこちらのネイティブアメリカンの恰好ね。


IMG_3434_20120608220713.jpg

きゃーーーーーーーーー。

可愛すぎるーーーーーーーーーー❤




IMG_3435_20120608220712.jpg

今日イチの被写体、左のオンナノコ。
めっちゃ可愛い。



ねっねっすごいでしょ。


興奮しちゃうわたしの気持ちも分かってくれる?w





でもって、

IMG_3466[1]


こういったブースがあちこちにあり、子供達は事前に購入しておいたチケットで買い物をするの。




IMG_3433[1]






IMG_3444[2]

なんか面白い、こちら3人の井戸端会議。
ちなみに手前左ボンネットの上になぜかの麦わら帽子のご婦人、校長先生です。




IMG_3450.jpg

人めっちゃおる。




ルナもメイもこの人混みの中におり、時々会うことは出来たんだけど、会った瞬間にどこかに消えてしまうという。。。




IMG_3477[1]

あ、ルナだ!!!!
・・・・・って、おまい足痛いのにバドミントンて。





IMG_3460.jpg
あ、リンゴ



やる!!!!!!






IMG_3475[1]
ということで
コア奮闘






一番驚いたブース。



IMG_3436[1]

なんだか分かる?




IMG_3440[1]

そうそう、それそれ。









IMG_3439[1]

ギロチン体験ブース!驚



ブラックすぎんだろっ!!!





わたしが唖然としていると、コアが「わたしもやりたい~~~」と。

うーーーーーーーん、それはちょっと・・・・・・・


却下させていただきました。

(ギロチンに首かけて、ハイ、チーズはなしだろぉぉぉ)




IMG_3446[1]

あ、カメラ目線だ。
あざーーーーーーっす。




て、なんだかな~~~。







IMG_3452.jpg






わたしとコアは1時間弱遊び、そして帰宅。

3つのプラントを持って。



IMG_3488 6-7-2012

レタス(ルナの)
すいか(メイ・コア)

育てられるかな~~~~~~。




放課後も4時まではこのフェアをしているというので、メイ・コアはパパに連れてってもらい再び学校へ。
ルナは塾。はい残念~~~~~。


メイがありえないくらい気持ちの悪い人形を持ち帰ってきて!?
しかも一緒に寝てるしぃぃぃ。
(あまりにものその様相に写真を撮る気にはこれっぽっちもなれないので、ご想像にお任せします)


コアはさ。


IMG_3437.jpg

フェイスペイント!
スマイル書いてもらったんだね。
(スマイルよりもコアの鼻の穴にしか目が行かないのはわたしだけでしょうか?)





まったくの予想外に楽しかった今回のイベント。



ルナやメイ、はたまたもう少し大きくなった時にコアにもきちんと説明できるようにと植民地時代のことをウィキなのでもう一度おさらいをしたのだけれど・・・・・・



む。む。む。むずかしいじょ・・・・。


ピルグリムファーザーズなんかは聞いたことがあるけれど、掘り下げれば掘り下げるほどに分からなくなっていく。



ただ、1776年の独立宣言をするまでの植民地時代というのは、アメリカ合衆国が出来上がるまでの重要な歴史でもあるわけで。
アメリカ人としてルナ・メイ・コアがこの地で生きていくとするならば、ここの部分の歴史は決して避けては通れないわな。



てことで、少しずつわたしも勉強していきましょ。



にしても。

みんなあんな可愛い衣装をどこで調達してんだろ?
話しを聞けばレンタル屋さんもあるとかないとか?
Goodwillに置いてあるとかないとか?

来年はメイ、ルナにも着せてあげようっと。
メイはもちろんドレスでしょぉぉぉ。
ルナはもちろんネイティブアメリカンでしょぉぉぉぉ。


でもってわたしは何着ようかすら???






ブログランキング。ポチリとね★
br_decobanner_20110616131434.gif



子育てスタイルに参加中♪










スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://agardenagarden.blog122.fc2.com/tb.php/1013-17d172a6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。