上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.06.30 暑さ対策に

今週もなんだか暑~~くて、グッタリな私。
こういう時はモールかどっかに逃げ込むしかないな!というわけで、昨日は久々に『IKEA(アイケア)』に行ってきた。

パパに朝それを伝えたら、「俺も行きたい」ということに。
じゃあ、今日の仕事はパパッと片付けましょうと、朝からバタバタと仕事。。。

2時ごろに仕事も終わり、それから家族でお買い物に出かけることになった。


『IKEA』はスウェーデン生まれの家具屋さん。
Simple&Cheapな家具が揃っており、こっちに住む日本人の学生の子達なんかは、部屋の家具はほとんどがこの『IKEA』なんじゃぁないの?ってくらいこの家具を持っている。
み~んな『IKEA』の回し者なんじゃないの?っていうくらい。

もちろん私もベッドなんかはここのを持っていたし。
そういえば、今年の春、千葉にこの『IKEA』がオープンしたらしい。
ちなみに日本語では「イケア」と呼ばれているのだそう。
「イケア」がヨーロッパ読みで、「アイケア」が英語読みなんだろうと思う。


行ってきま~す












アパートの前で。チョ~~ウキウキのルナ



IKEA







『IKEA』どこの店も、この青と黄色がべースカラーになっている。


w/パパ












店に入るまではとりあえず手をつないでくれるルナ。
だがひとたび店内に入ったら、どんなことがあっても手をつながずにピョンピョンと飛んでいってしまう。そしてまた私達に怒られるのだ....





@IKEA   







“Children IKEA” のコーナーで。あと何年かしたらこんな二段ベッドを買うんだろうなぁ、って我が家にそんな場所はないのだが・・・               


うんま~~~い☆







買い物を済ませた後に、店内のフードコートで。ここの食べ物はスッゴク安くて、しかもうまい





お寿司夕飯










帰宅が5時ごろだったので、今日の夕飯は近くのおすし屋さんで TO GO。
左の写真、20ピース入っていて14ドルととってもお手ごろ。お味も良かったわん

昨日作った残りのおかずと。
<レバーの煮付け(左上)>
<マカロニサラダw/ジェノベーゼソース(真ん中下)>
<小松菜の煮びたし(右下)>


今日の買い物はとっても満足。
欲しかったメイ用座布団も購入できたし、平日で店内も歩きやすく、見やすかったし。

なんといっても暑さをしのげたのが良かった良かった。




スポンサーサイト


2歳半になったルナは、ますます語彙が増え、いつも一緒にいる私にさえ分からない言葉がでてくるほどだ。
しかも以前友達から指摘をされて気が付いたことがあったのだが、ルナはパパに似て“早口”みたい。

(そりゃあパパの早口はここらではちょっとばかり有名な話。電話だとそのほとんどの人は何を言ってるのかが分からないらしい。
かくいう私もたまになんて言ってるのかが分からない。しかもそれが日本語なのか英語なのかも分からないくらいの“早口”っぷり。←ひどいでしょ(笑)エッ?パパが?それともワタシ?

友達に言われるまでは全然だったのだが、気にかけてみるとそういえば、他の子ども達よりもかなり早口なことに気が付いた。
しかも早口のくせに、“適当”だからたちが悪い。
頭の中で考えて言葉を発する、というよりは思いついたことを『ペラペラ・・・』としゃべるので、聞いている私たちには尚更何を言っているのかが分からないのだ。


いろいろなものに興味も増えてきた様子で『コレな~に~?』と聞いてくることもだいぶ増えた。


少し前ならば私も、例えば<カラス・すずめ・鳩>などは全部ひとくくりで『鳥』と教えていた。
動物なんかも、<ライオン・トラ・チーター・ヒョウ>などは全部『ライオン』または『ガオ~~~』と。


そこまで細かく教える必要もまだないと思っていたので、そうやって教えていたのだが、最近ではそんな子ども騙しもいかがなものか、と思いきちんと教えることに。

だが、ルナからすればちょっと前まで『鳥』と教えられていたのが急に「これはカラスだよ」と教えられたところで、多少混乱するのか戸惑う場面もチラホラと・・・。

そこで彼女なりに考えた結果、出てきたのが『鳥さんのお友達』という言葉だった。

そうそう、確かにカラスは「鳥さんのお友達」なのだ。
それからさまざまな場面でこの『・・・・のお友達』という言葉が聞かれるようになってきた。

だが、的を得ている時もあれば外れている時もある。

ある日おにぎりを握っていた私にルナが近づいてきた。
そして、海苔を指差し、『コレな~~に?』と。
「海苔だよ」と教えて、ルナも復唱したにもかかわらず、そのあと『おにぎりのお友達~』と嬉しそうに向こうに消えていった・・・。
「おせんべい」なんかも彼女にかかれば『お菓子のお友達』なのである。
『・・・・のお友達』という表現は私もパパも結構気に入っているフレーズ。

多分私が結構前に教えた気もするが、あまり記憶にもない。
教えた、というよりは彼女が勝手にどっからか吸収してきて使っているフレーズのような気もするし、それか答えるのが面倒だった私が適当にその場しのぎで言った言葉かもしれない。
それが気付けばルナの周りには色んな形の『お友達』が溢れ出すようになってきたのだ。



それにしても最近ルナとの会話が面白くてしょうがないパパと私。
別に教えたわけでもないのに、みょうに“女っぷり”を発揮してみたり、いらんことを覚えてそれをパパに言ってみたり・・・・。

「カンパ~~~イ、イェ~~~イ」
なんかはパパに指摘されて気付いたのだが、
「カンパ~~~イ」はルナがイチバン最初に覚えた言葉なのだが(それもひどい話だが)、それに最近
「イェ~~~~イ」が付くのはどうしてだ???ということ。

やっぱりそれって私から????だよねぇ・・・・・。
あぁ~~あ、いらんことを覚えて・・・・・、てな感じ(苦笑)


おそらく半年後、3歳になる頃にはかなり正確にお話が出来るだろう。


そうしたら、以前のルナのたどたどしい話しっぷりを懐かしむ時も来るんだろうなぁ・・・。






近頃ルナには3つの呼び名がある。

1つ目はもちろん『ルナ』
呼ぶときはこの呼び方で呼び、自分のことを言うときも『ルナ』と言う。

2つ目が最近彼女が特にはまっている呼び方で、それが『お姉ちゃん』という呼び方。

それはメイが産まれる少し前から、周りの人たちがルナに対して言っていた呼び名だ。
「もうすぐで、お姉ちゃんだねぇ~」

そしてメイが産まれてからは
「お姉ちゃんになったんだねぇ~」たまにはこんなことも言われていた。

「お姉ちゃんなんだから、しっかりしなさい」的なことも。



正直私は、この『お姉ちゃん』という言葉があまり受け入れられないでいた。
ルナにとって、自分は『ルナ』であり『お姉ちゃん』でもなんでもない。

それは他人が決めた呼び名であって、意味もなければ説明のしようもない言葉だ。
あくまで、下の子が産まれたから使われる、いわば“代名詞”のようなもの。

『ルナ』はちゃんと『ルナ』という名前を持っている。
それを代名詞で呼ぶのはいかがなものか、きちんと名前で呼んでくれ!と日頃から私は思っていた。



ましてや「お姉ちゃんだからしっかりしなさい」なんて言葉、なぁぁんてナンセンスな言葉だろうとも。
あんま、この単語スキじゃないなぁ、とずっと思っていた。



アレから1ヶ月とちょこっと経ち・・・・・・・
ある日ルナが自分のことを『お姉ちゃん』と呼んでいることに気付いた。
それもちゃんと意味も理解した上で『お姉ちゃん』と自分に対して使っているのだ。

試しに私の方から『お姉ちゃん』と呼んでみたところ、それはそれは嬉しそうに近寄ってくる。

「コレ、お姉ちゃんのでしょ~?」とか
「お姉ちゃんも一緒に行くの~」など、
今までルナという言葉のほぼ全てを、この『お姉ちゃん』という言葉に置き換えて使うようになっていた。


ルナの中でこの『お姉ちゃん』という呼び方、なんとなく大人になったような気がするのか?
真意のほどは分からないが、まぁ、彼女がそれでいいのなら、当分の間この『お姉ちゃん』という言葉を使ってあげようか、という感じ。


そして、三つ目が『ジルちゃん』という呼び名。
実はルナは、日本では<00(名字)琉凪>というのが本名だが、ここアメリカではルナというのはミドルネーム。
本名は <JILL(First Name)LUNA(Middle Name)・00(Last Name)>となる。

今はルナも私たち日本人のコミュニティーの中にしかいないから、『ルナ』という呼び名でもちろん構わないのだが、これが現地の学校に行きだしたら、彼女は『JILL』と呼ばれることになる。

実際近所のアメリカ人には『JILL』の方で教えた為、
会うと「H~~i!!!Jill!!」と言ってくるが、
当のルナはシカト・・・・・。


無理もない、自分が『JILL』であるということを知らないのだから。
そして彼らアメリカ人に「いやぁ、実はね・・・・」と説明するハメになる。
ここは、ちょこっと覚えてもらおう!と最近「ジ~ルちゃん」と呼んでいるのだ。

だが、そう呼ばれた彼女の反応。
「ジュルちゃん←ジルという言葉はまだキレイに言えない お出掛け!!」
「ジュルちゃん、車の中!!」    

しかもどちらの反応もちょこっと切れ気味。。。
しかも「車の中」っていう表現の意味も分からないし・・・




「ジュルちゃん、ちゃう!(違う) お姉ちゃん、ルナでしょ~~~。分かった~~~?」
と、注意を受ける時もある。
どうしても自分では認めたくはないらしい、この名前。



まぁまぁ、仕方がないことかっ。
でも、いじめっ子の私は何度も何度も「ジルちゃん」と呼び続ける。
そのうち、私の事もシカトをしだし勝手に遊んでしまうルナ・・・・。


ルナをいじめるのはとっても楽しいことだ。
ただ、『お姉ちゃん』という言葉を受け入れたルナだから、この『ジル』だって、自分で納得さえすればすぐ受け入れてくれるようになるだろう。


それこそが彼女の名前なのだから。



そういうわけで、今現在3つの呼び名を持つ彼女。
イチバンのヒットは『お姉ちゃん』

だから、当分この名前で呼んでやるとしよう!


だけど、私たちのことを「お父さん、お母さん」と呼ぶのはやめてね。
ちょっと恥ずかしい気がする・・・・。

だって、とてもお父さん・お母さんと呼ばれるようなガラではないから。。。。。










本日、パパの念願だったケーブルが我が家にやってきた。

これで我が家もケーブルテレビでいろいろな番組が見られるようになる。
そもそも、今回のケーブルテレビの加入への経緯というと・・・・ 


そうそう、WORLD CUPを見るため。

こちらでは地上波だと1つのチャンネルでしか今回のワールドカップは放送されない。
だから予選リーグ中の今なんかは、適当な組み合わせをピックして放送している感じ。
ただ偶然なのか、前回の「日本VSクロアチア」は朝の6時から放送しており、ちょうど授乳で起きていた私はそのままサッカーに興じる形となった。

いやぁ、久々のサッカー観戦、燃えたなぁ・・・・・・

実は何を隠そうこの私、高校時代はサッカー部のマネージャーをやっておりまして・・・・・。
ちょうどJリーグが始まったのもそのあたりの時期だったので、あの頃は日本中サッカーブームでとっても熱~~い時期だったなぁ。


さてさて、そんなわけで明日の対ブラジル戦。地上波では放送されない・・・。

だったら~~~、よ~~~しっ ケーブル入れちゃおう!!!!
ってことになったのだ。
実はケーブル加入は私なんかよりパパが以前から切望していたこと。
スポーツ大好きなパパは、この時期はNBA(バスケット)が終わりMLB(野球)に移行する時期。
ただ、NBAも最近不調なLA・レイカーズがプレイオフに残れない上に、普通の試合も地上波ではあまり放送されないのが現実。
野球もしかり。そのほとんどの放映権をESPN・FOXに取られてしまっているので、試合結果をインターネットで見るありさまであった。
本当はとってもケーブルに加入したいはずなのに、なかなか言い出せないパパ。
そしてずっと首を縦には振らなかった私。←だってぇ、お金かかるもんねぇ。

それが、先日のサッカーの試合を見ただけで、コロっと意見を変え、ケーブル設置を即決してしまった、というわけ。



先ほど、ケーブルを取り付けにお兄ちゃんが来てくれた。これで明日の対ブラジル戦はウチでゆっくりと観戦できる。
そして、決勝トーナメントも見たい試合を自由にピックして見ることが出来る。またウチにいることが心地良くなってしまった私。





2006.06.20 良い知らせ
先週、吉報が届いた。

1年2ヶ月前に日本に帰国となった、私の愛すべき妹分がまたアメリカに戻ってくる、というのだ。

こっちに住んでいると「出会い」よりも「別れ」の方が断然多い。
「出会い」も今となっては、私の行動範囲が夜から昼に移行してしまった為、一緒に酒を酌み交わしていろいろと語り合う仲間、というよりもほぼ100%ママ友←この言い方、本当はスゴク嫌い!結局、子どもあっての・・・的な呼び名だから  として知り合う方が多くなってきてしまった。
まぁそれはしょうがないことなのだが、それなのに「別れ」に関しては、以前からの友人(結婚する前、子供を産む前)に限られていた。
だから、どんどんプライベートなことを語り合う仲間が減っていくことに、とても寂しさを感じていた私。そんな時に届いたこの知らせ。
彼女は8月に来るのだそう。おそらく9月からの学校入学に合わせて、ということだろう。
学生ならば昼間でも、仕事をしている人から比べれば多少時間があるだろうし、私にとってもルナにとっても、いい遊び相手が戻ってきた、ということになる。(パパから言わせれば、私にとって最良の舎弟が戻ってきたなぁ、というところ(笑))

>彼女との再会に向けて、以前の姉やんに戻るべく、いまだ戻らない体重を戻そうと決心した私。
メイを産む前の体重はあと3キロほど落とせばいいのだが、ルナを産む前の体重ともなると、あと7・8キロ近く痩せなければならない。ダイエット禁止の今の状況だと、運動をして痩せなければいけないのだが、なかなかそれも難しい。

な~~~んて、言ってては始まらない
家事の合間、育児の合間、いろいろな時間の合間を見つけてストレッチ・そして腹筋や腕立て・・・ 
基本的な体力を付けていこう、と頑張る次第。

絶対、以前履いてたジーパンを履いてやるのだ!!!と気合いだけは一丁前・・・


とにもかくにも、彼女との再会がとても楽しみでしょうがない




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。