上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Happy Halloweeeeeeeeeeeeeeeeen 




1


素晴らしい!この作品たち!!!!
... 続きを読む
スポンサーサイト



18ヶ月前

上の写真。約1年半前の写真である。
1年半前といえばルナが2歳になったかならないかの頃だ。

この二つの知育玩具。当時まだMAMMY&MEとしてワタシも一緒に通っていたお教室で使っていた教材の一つである。
左の写真の左のが「ストロー通し」。
右のが「ヒモ通し」である。
見て分かるとおり作り方もいたって簡単。

お手持ちの小さい紙パックに穴を開けたものと、多少厚い紙にヒモを通し、そこにカットしたストローを通したもの。
順番としては、まず「ストロー通し」が完璧に出来るようになったら「ヒモ通し」に移行するのがいいかと


右の写真はストロー通しに熱中している当時のルナ。
1年半前にも紹介したのだが、この二つの知育玩具は本当におすすめの品である。
なにがすごいって、子供の集中力がとても磨かれるのだ。
ルナが初めてこの玩具を手にしたのが生後10ヶ月。
自宅で同じものを作成し、時折出しては遊んでいたのだが、その度にルナは鼻息をフンフンしながらこの玩具に取り組んでいた。


そして月日は流れ・・・・・・


1年半後の現在。

ストロー通し

いまだ健在!!

ルナに代わり「ストロー通し」に熱中するメイちゃんの姿がある。
今月から始まったメイちゃんのMAMMY&ME。
もちろん授業中にもこの「ストロー通し」の時間はある。
初めて手にしたときからルナ同様メイちゃんもこの「ストロー通し」のとりことなった。

それならばと、最近めっきり登場回数の少なくなっていた「ストロー通し」と「ヒモ通し」を出してみた。


メイちゃん夢中夢中・・・・


集中!



でもね、やっぱりアタシィ・・・

チュ-ッとな!

チューチューしたいの!





ちなみにこの「ストロー通し」 月齢に応じて段階がある。
まず最初の段階。親が全部の穴にストローを入れ、子供はそのストローを抜くことから始まる。

おそらく上手に一人で紙パックを持つことは出来ないと思われるので、親が補助をして一緒に持ってあげる形をとると良いと思う。
全部抜き終わったらまた入れてあげて、その繰り返し。

第二段階。その抜いたストローを紙パックの口に入れる。
その際この行為は「お片づけ」なんだ、ということを教えながら。
我が家では「お片づけの歌」なるものが存在するので、それを歌いながら、口に入れていく。
自分で掴んだものを正確に、的確な場所に持って行き、離す、という行為の練習になる。


第三段階。ストローを穴に入れる。
これはかなりの正確さが必要となる。
メイちゃんの月齢ではまだ難しい。
ルナもたしか1歳半すぎくらいからやっと出来るようになった気がする。
全部入れられたら最後の「お片づけ」 紙パックの口に入れて、ハイ終了。




「ヒモ通し」の方は、この「ストロー通し」のアップグレード版。
ヒモを左手で持ち、右手にストロー。
集中させて通していくのだ。



ヒモ通し

ヒモ通し



こちらも集中!

こちらも負けじと集中!!



現在のルナにとってはどちらもものすごく簡単な作業である。
だがそれでもたまにやらせると鼻をフンガフンガさせながら夢中でやっている。


一方、メイちゃんの集中っぷりってばものすごい。
1歳の子供がこんなに集中する姿。なかなかお目にかかれない姿である。
終わったあとは心なしか疲れているくらいだ。




明日はMAMMY&MEのクラスだ。
子供と共に授業を受けられる。
月齢が低いからこそ出来ること。
あと1年もすれば、親が一緒の教室に入ることはなくなってしまう。


というわけで、メイちゃんにはまだ分からないだろうが、ワタシの方は週一回のこのクラスをワクワクしながら受けている。
明日は先生に頼んで、クラスの写真でも撮ってみようかしら?



この「ストロー通し」と「ヒモ通し」
本当におススメなので、作り方もとっても簡単だし、ぜひぜひ作ってみてはいかがですか?






書こう書こうと思っていて先延ばしになっていたテーマ。
それがルナの通っているお教室について。

このブログを始めるきっかけも、もともとはルナの右脳教育を紹介していこうと思って始めたものだったのだ。
それが気づけば子育てのことから自分の日記へと様変わりを続け、右脳教育とはかなりかけ離れたモノになってしまっていた。


そういうわけで、ルナの通っているお教室のことから私が一応ルナと一緒にやってきた右脳のための!?お勉強などを少しずつ紹介していこうかなと。



まず今日はお教室について。。。
『MK Laboratories 』←お教室の名前である。

本社は東京恵比寿にあり、ここはLA支社ということだが、驚くのがLA支社、今年で創立20周年であるということ。

さて、ここでは「石井式漢字教育」という方針を採っている。


《子供の脳の最も成長する時期(0歳から7歳)に、『漢字』で教えることにより、集中力・暗記力・思考力を養います。
また、漢字で覚えることにより、語彙が自然と増え、本が大好きな感性豊かな子供に育ちます。》

と説明文の冒頭にこう記されている。

このように「幼児期からの漢字教育」の普及を目指しているのがこの「石井式漢字教育」であり、このお教室なのである。



人間の記憶力は、O~3歳をピークに7~8歳頃までがもっとも高く、言葉の教育はこの時期をおいてほかにないといわれている。
特に丸暗記力(機械的記銘力)に関して言えば、0~3歳が最も高く、右脳の働きによって何でも即座に記憶してしまう。
『漢字』というのは『意味のある言葉(語)』なので、幼児の注意や関心を引き、また複雑な形をしているので記憶の手がかりが多く、幼児にとってやさしい。

反対に論理的記銘力というのは7歳以降に育つ能力のことをいい、ものごとを論理的、体系的に理解し、認識する能力。
こちらは左脳の働きをより必要とする能力である。


グラフ



『漢字』は一見複雑そうにみえるが、それ故に識別しやすい。
そして具体的な意味や内容を表わしているので(象形文字等)幼児には絵を見るのと同じように理解される。
つまり、“目”で理解する言葉(視覚言語)が『漢字』なのだ。

一方、ひらがなやカタカナは抽象的で、一字一字には何の意味ももたない。
つまりは、耳で理解する言葉(聴覚書語)となる。

機械的に言葉を記憶する能力の盛んな幼児には、意味のないひらがなやカタカナより、漢字の方がずっと、憶えやすくて、興味のもちやすい文字だということが分かる。



というわけで、授業で使う教材(絵本)は全て先生たちの手により、漢字に書き換えられている。

以前ワタシもこのことは指摘したことがあるのだが、子供の絵本というのは正直とても読みづらいものだ。

「さんびきのこぶたがいえをつくりました。いちばんめのこぶたはわらでつくりました。
にばんめのこぶたはきでつくりました。
さんばんめのこぶたはれんがでつくりました。」


とても読みづらい。
(変換をしなくてもいいので、PCに打ち込むのは異様に簡単なのだが(笑))


「三匹の子豚が家を作りました。
一番目の子豚は藁で作りました。
二番目の子豚は木で作りました。
三番目の子豚は煉瓦で作りました。」


こちらの方がどんだけ読みやすいことかは一目瞭然である。
〈ちなみにこの『三匹の子豚』は現在の教材〉



そしてルナたちには『藁』であったり『煉瓦』であったり、こんな難しい漢字も当たり前のようにこのままの形で教えられている。



と、まあ概略はこんな感じ。

正直ワタシもあまり分かっていないのが実際のところで・・・・・


こうやって調べてみて「あ~~そうだったんだぁ」って感じ(笑)


漢字教育の他には、さまざまなフラッシュカード(世界の国旗・動物・歴代の米大統領等々)論語・俳句などを、書き教材としては現在は数字の練習を行っている。
(今は数字の3の書き練習中)

そしてルナのクラスである週3日コース(〈月水金〉9時半~2時)はこの石井式に加え、ミュージック・アート(絵画・工作)そして知能トレーニングクラスを設けている。    
月曜日 石井式+ミュージック+知能トレーニングクラス
水曜日 石井式+アート+知能トレーニングクラス
金曜日 石井式+アート+知能トレーニングクラス



それぞれが1時間の授業となっている。



ろうしょうせん

現在石井式の教材として『3匹の子豚』 
そして『朗誦撰(ろうしょうせん)』←俳句・諺・百人一首・萬葉集などを選出した冊子
というのを学習している。




こうやって書いてみると、なんかルナはすごいことをしているなぁって思うね。

知能トレーニングだなんて、一体どんなトレーニングなんだぁ???って。
早期学習の良し悪しという声も聞こえてきそう。
実際私たち家族がもしも日本にいたのならば、こういったクラスには通わせなかったような気もするし。

だが動機はどうあれ、今思うのは、「通わせてよかった」の一言である。

ルナくらいの年齢だと(3歳前後)こちらではほぼ100%何かしらの機関に子供を預ける。
現地のPreschoolであったり日系の幼稚園であったり・・・・・。

その中で、このお教室週3日コースを選んだのは、特異といえば特異なことではある。
(お値段もどこよりも高いしね)

だが、クラスメートも幼稚園などとは違って“5人”と少人数ではあるが、その少人数の中でも他人と食事を共にしたり、遊具を共有したり、と他人との関わり合いもきちんと持つことも出来るし。

5人に対して受け持ちの先生1人と、その都度ヘルプの先生が2人は必ず常駐しているので、何があっても安心。
「絵本大好き」「お勉強大好き」とルナ本人の口からこの言葉を聞けるのも、ひとえに先生達の努力のおかげ。
週3日のコースにして早半年が経つが、ルナの脳の成長も著しいように思う。
ということで、ルナの脳の成長云々についてはまた後ほど。。。。


今日はお教室の紹介でおしまい。







メイちゃんがソファなどになんとか寄りかかってお座りが出来るようになったので、『待ってました~』

とばかりにドッツカードを購入した。

ドッツカード



ドッツカードとは、フラッシュカードと並んで幼児向け早期教育などに使われる教材として有名だが、ドッツ(点)が描かれたカードが1から100まであり、それを1枚1秒程度のスピードで見せていく、というもの。


このドッツカードをやることによって、幼児は数字を絵としてとらえ覚えていく(らしい)。


繰り返し行うことで、数字を言うだけでその絵が思い浮かぶようになる
(らしい)。


そして、この能力をつかさどるのが私の大好きな言葉(笑)
“右脳”というわけ。


これらのことはお教室でも普通に行われていること。
ただこれ系のもの、何が一番大事かというと毎日毎日の積み重ね。
この言葉に尽きる。

フラッシュカードにしたって、ドッツカードにしたって、お教室だけでももちろん成果はあるのだろうが、家でも継続して絶えず行う、というのも大事な要素だと思う。

親の努力がそのまま子ども達の成果として跳ね返ってくる。
手作りしようかと思ったときもあった。
実際、厚紙と色つきの丸シールさえあれば簡単に出来てしまうものだから。

ただこれだけをそろえるにしたって20ドル以上かかることに気付き、そんなに安くおさえられないのであれば、買ってしまおうということになった。
(とはいっても60ドルしたのだが)

さてさて、使用方法なのだが、基本ルールとして最低一日一回は必ず行う、ということ。
(もうすでに挫折しているのだが)

何度も言うが(というか自分に言い聞かせているのだが)積み重ねが大事なのだ。


初日から5日目までは0から10までのカードを見せる。
6日目からは2から11、3から12・・・・・
と日を追うごとにカードをずらしていく。

100まで到達するのにかかる日数ははるか遠いことなので分かりかねるが、一応そんな感じ。


実は周りでこのドッツカードを持っている人は何人かいるのだが、みんな途中で挫折してしまっている、というのが現状。
100まで到達した人がいないのだ。

だから成果のほどが実際誰にも分からない、という悲しい現実がある。

ただそれだけ、いかに親の頑張りが必要か、ということだけは確かなことだ。
それと、このドッツカードを始めるにあたっての推奨年齢、というのが8ヶ月から2歳前後、といわれているのだが、2歳前後で始めると、子供の方が飽きてしまって、カードを見なくなることが多いらしい。

実際ルナも、絵が付いているフラッシュカードではないと、ちゃんと見なくなってきてしまっている。
漢字しか書いていないカードだと、あきらかに違う所を見て、一応私の口元に合わせてしゃべったりしている時などもあり、
「もう止める」
何度私の怒りを受けたことか。


だから今回のメイちゃんのお座りが出来てからの購入、というのは矛先をメイちゃんに向けることで、ルナもまたカード全般に興味をもってもらおう、という私のささやかな野望が見え隠れしている。


今日で5日目を終了したわけだが、メイちゃんはとてもご機嫌でこのドッツカードを見ている。ルナは・・・・目の前に出されるカードよりも裏側の文字の方が気になるらしく、やはり集中力がイマイチといったところ。

ただきちんとカードを見ないと私の睨みもあるので、なんとか見る努力もしているようだが・・・・・


結局これらのもの、というのは結果がすぐに目に見えて分かるものでもない。
ドッツカードにしたって、
「じゃぁこれをやったからって、一体どうなるの?」
という素朴な疑問が頭をかすめないではないし、実際やっている私にだってどうなるのかは分からない。
(というか、私がルナやメイをどうしたいのかすら分からなくなってきているのに(笑))


集中力や数字に対しての柔軟性などが身につく、と言われてはいるが、そんなのを調べることする出来ないわけだし、何をもってルナやメイの成果が上がったかを知る術もない。

となると、これも得意の自己満足の世界なのか?

いやいや、そうではないことを願う。
というか、私は一体どこに向かっているのだろうか????


ふと思ってしまったり(笑)






最近ルナの右脳教育のほうがかなりご無沙汰。
メイが生まれてからは全然といっていいほど何もしてないなぁ・・・・・

今日のパズル編もだいぶ前から紹介したいとは思いつつ、なかなか頭の中で整理が出来ずにいたのだが、これじゃぁアカンということで、ちょこっとご紹介。


パズルが右脳にいいのかはイマイチ分からないが、集中力・記憶力が鍛えられるのは確かなことだ。


POOH


















ルナとパズルの初の出会いは約2年前に日本に帰った際に私が買ったプーさんの
“ひらがなパズル”(写真)。
その頃はルナは1歳になったばかり。
まだ早いだろ~と思い、帰国後もクローゼットに寝かせておいた。
数ヵ月後、部屋の掃除の際に運悪くルナにこのパズルが見つかり、しょうがなくやらせてみる。
もちろん出来るわけがない。
ただその頃ルナの中でのプーさんはなによりもイチバンの存在だったので、絵を眺めるだけでもルナは満足していた。
毎日出来もしないパズルを持ち出しては私やパパが揃えていくのを見て、そして喜ぶ日々が続いた。


なんだかんだで、ルナ1歳半の頃だ。いつものようにプーさんパズルを持ち出してきたと思ったら、一人で黙々とパズルを並べていた。しかも全部完璧にだ。

あらビックリ。
全くといっていいほど何も教えてはいなかったのに。
出来上がったそばからまたバラバラにして、もう一回始めから。
また完成。

その日から数ヶ月先まではルナはこのプーさんパズルを毎日最低一回の日課として黙々とやる日が続いた。
そこで私の疑問が。
『ルナは一体どこを見ながらこのパズルをしているのだろうか?』

通常のパズルであるならば、隣り合った“絵”を見ながら徐々に合わせていく、ということになるのだろうが、このプーさんパズルは通常のパズルとは異なり、一つ一つのピースが独立している為、書いてあるひらがなが読めないと合わせられないようになっている。

その頃のルナはもちろんだがひらがなは読めない。
じゃぁどうやって????

考えられるとしたらルナはピースに描かれている“絵”全て覚え、しかもその場所までも覚えてしまった、ということになる。
それは何気にスゴイことではなかろうか。

『子どもの記憶力をあなどるなかれ』と思った瞬間であった。

我が家にはプーさんのパズルの他に、アンパンマンのパズルが6種類、ミッフィのパズルが2種類、その他動物のパズルなどが数種類と、パズルに囲まれている。

ルナに「何して遊ぶ~?」と聞くと「パジュル~」か「えほん~」のどちらかの答えが返ってくるほどに、ルナはパズル好きだ。
アンパンマンのパズルは65ピースと2歳児にはまだ難しいレベルではあると思うのだが、大好きなアンパンマンの顔を作る為なら、とばかりにルナは懸命になってこのパズルに取り組み、今では手助けがなくてもほぼ一人で完成できるまでに至った。

これらのパズルも、ルナはそれぞれのピースの場所を覚えているようである。
だから、本来私たち大人ならばパズルをする際、まず最初にはじから始めていくと思うのだが、ルナはそれこそビックリするような場所から(例えばド真ん中とか)パズルを始める。
そのほぼ全てのピースの位置が頭の中に入っているのであろう。

短時間で集中し、記憶をしていく。パズルは脳を鍛えるにはいい遊具ではないだろうか。
ただ、時間が経てば忘れるのもあっという間なので、あしからず。


プーさんのパズルも、ある日急に飽きたらしく突然見向きもしなくなった。
それから数ヶ月が経ち、やってみよう声をかけ、トライしてみたものの・・・・・・

半分以上も忘れていた。そこからまた以前の記憶が復活するまでに数日かかり、今ではまた以前のようにスラスラとプーさんパズルをしている。

パズルは唯一、私も一緒になって遊んでいても飽きないおもちゃなので、これからもドンドン遊んでいって欲しいと思う。

初めて一人でパズルが完成した時のルナのあの喜び。
あれはいまだに覚えている私の最高の瞬間である。



 紹介 
前回の記事のコメントで、sakuramamaから ルナのサンダルについての質問があったので、いつかはこのサンダルのことは紹介しようと思っていたので、ちょうどイイやってことで、ここでご紹介~


CROCS


















ブランド名は[CROCS] 英語のサイト 詳しくはホームページで・・・。
アメリカ、コロラド州生まれのこのアウトドア用サンダル。
2003年に出来たというからまだ若いブランドである。
子供用、大人用はもちろん、色もウチではシンプルに白にしたが、それこそさまざまな色がある。
値段は1足25ドルくらい。日本円でも3000円以内で売られていると思う。

履き心地は・・
これがなかなか良いらしいって、私は持っていないのだが、ルナを見ているとそんな気がする。
ルナは基本的に気に入らない靴は絶対に履かないので。
多分特殊なゴムかなんかを使っていると思うのだが、滑りにくく、かといって履いていてもゴム特有のベタベタ感というか、そういうのはないように思う。汚れてもジャブジャブ洗えてすぐ乾くし。
アウトドア本場のアメリカで作られたサンダルだから、その点は二重丸を。
ここら辺でも結構履いている人を見かける。(大人から子どもまで) 
ただ“パチモン”(模造品)も多く出回っているのでご注意を。
かかとの部分にかならず 『CROCS』の文字が入っていて、側面にはワニのマークが入っている。

夏にはピッタリのこのサンダル。おすすめ~




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。